なぜ女性に多いのか?

日頃から【便秘】で悩んでいる人は、特に女性に多いといわれています。
なぜ、女性の方が便秘になりやすいのかというと、そこには女性特有の体の構造が関係しているようです。

女性の体は出産に備え、男性よりも骨盤が広いため、腸が骨盤内でたるみやすく、その間滞在している便が腸内で硬くなり、その結果便秘を引き起しやすくなります。
また、女性ホルモンの中でも、排卵から生理の間に分泌される卵胞ホルモンには、腸の働きを抑える作用があるため、腸の蠕動運動が鈍くなり、便秘になりやすいともいわれています。
さらに、妊娠すると子宮が大きくなり腸を圧迫することにより便秘を引き落としやすくなるため、注意する必要があります。

便秘と共に“冷え性”で悩んでいるという女性も多いようですが、この2つの症状は密接に関係しています。
そもそも冷え性とは、体内で血行不良が起きることによって血液の循環が損なわれ、体が冷たくなる症状をいいますが、このときに体の内臓が冷えてしまうと、腸などの動きが鈍くなり、便秘になりやすい体になってしまいます。

冷え性の原因としてあげられるものとしては、ファッション性を重視するあまり薄着をすることで体が冷えたり、ダイエットをすることで女性ホルモンや自律神経のバランスが崩れることによりからだが冷えてくるようですから、日頃から体を冷やさないように気を付けながら生活することが、便秘を予防するという点からも、とても大切といえます。